トップページ > アイレーシック(iLASIK)とは? >  レーシックとは

レーシックとは

レーシックとは、「角膜屈折矯正手術」とも呼ばれ、手術によって角膜の曲率を変えて視力を矯正します。

●具体的には、まず、マイクロケラトームと呼ばれる眼球用のカンナのようなものでで角膜の表面を薄くスライスし、フラップ(ふた状のもの)を作ってめくります。
●次に、エキシマレーザーをめくった角膜内部に照射し、角膜の一部を消失させます。
●その後、フラップ(ふたですね)を元の状態に戻し、それが自然にくっけば終了というものです。

一連の手術により、角膜の中央部が薄くなる=つまりレンズの厚さや曲率が変化するわけで、それによって近視が矯正されます。

目次